What’s new Lila

気管チューブ

2016.06.22

/image/Image/hokins/1466592212.jpg気管チューブという医療器具があります。
細長いチューブは、なんというでもない、シンプルな形です。でもこのシンプルなものが、手術の際に、生命の危機を救う救世主になります。
全身麻酔でオペを行う場合、どれほど細心の注意を払っていても、やはり呼吸が止まるなどの危機は0ではありません。そんなとき、一旦呼吸をすることをやめたとしても、この小さくてシンプルなものが、呼吸を司る機械と私たちの体を繋ぎ止め、再呼吸に促すいわば、ライフラインなのです。

今から十数年前、院長である主人は、大きな外科手術を受けました。その際初めて自分の為に使われた気管チューブ。主人曰く、
「抜くときがあんなに大変とは思わんかった。犬や猫の気持ちがよくわかった」と、笑。

さて、くだんの気管チューブ、もちろん当院のオペでは必ず使用します。院長は、ごめんね、ごめんね。でも必ずしっかり手術をするから。と、心で辛さを分かち合うそうです。辛くても、絶対に必要なライフラインだから。

診療案内
  • トリミング案内
  • 求人案内
  • 診療予約
アクセス
【住所】

〒514-0003
三重県津市桜橋3丁目427

【電話番号】

059-228-3555

【診療時間】
【休診日】
木曜・祝日
【対象動物】
犬、猫、ウサギ、ハムスター

診察券は必ずお持ちください。

当院ではウェブ予約・待ち順番の確認ができます。

電話相談専門窓口
Anicli24と提携はじめました。

Anicli24

map