What’s new Lila

宮沢賢治の詩集

2018.01.24


父は、8年前の私のお誕生日に、夜明けを待たずに逝きました。
亡くなった翌年、東日本大震災が起き、本当なら青森にいるはずの息子は、予定を早めて、父のお彼岸の為の準備にこちらに戻っておりました。
父に瓜二つの息子を呼び戻したのは、他ならぬ父では無いかと、今でもそう思ったりします。

今年は、日中国交50周年なのだそうです。
その、一番最初の国交の友好団の中に父はいました。
内蒙古の使節団の中で、「誰か日本の歌を歌え」と言われ、立ち上がって、胸を張って、それでも少し緊張気味に「五木の子守唄」を歌う父の写真は、今も私の実家にあります。

宮沢賢治が好きで、中村草田男が好きで、文学に没頭し、自分も小説を書いた父。
「古東 純」という純粋の純というペンネームを考えた父。

8年経って、やっと久しぶりに父のことを書けるようになりました。
ここ7年は、辛くて悲しくて書けなかったけれど、
8年ぶりに書いて思う父は、「歴史に埋もれる偉人」です。
診療案内
  • トリミング案内
  • 求人案内
  • 診療予約
アクセス
【住所】

〒514-0003
三重県津市桜橋3丁目427

【電話番号】

059-228-3555

【診療時間】
【休診日】
木曜・祝日
【対象動物】
犬、猫、ウサギ、ハムスター

診察券は必ずお持ちください。

当院ではウェブ予約・待ち順番の確認ができます。

電話相談専門窓口
Anicli24と提携はじめました。

Anicli24

map