整形外科疾患

骨折

ソファーからの転落で前肢を骨折した犬のレントゲン写真

小型犬のトイ種では、ソファーやベッドからの転落や落下による骨折が生じることが多くあります。骨折した犬は足を挙上し、使わなくなります。そのため、速やかに診断し、治療が必要です。レントゲン検査を行うことで、どのような骨折が生じているのかを正確に把握し、骨の整復にはどのようなアプローチを行うべきかを判断します。

このような症例に対しては骨髄内へのピンの挿入やプレートを設置することで骨の整復を行います。ピンやプレートのサイズはレントゲンを基にして適切な厚さは大きさを選択します。(下部写真参考)

髄腔内へのピンニング
骨折部位へのプレーティング

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨が滑車溝から外れやすくなる疾患で小型犬に比較的多くみられます。先天性のものが多く、症状として、時折足を挙げる、座り方がおかしいなどで症状が進行すると足を使わなくなってしまいます。治療としては手術により滑車溝を深くしたり、大腿骨と脛骨をつなぐ靱帯を変位させることで膝蓋骨を外れにくい状態にします。術後しばらくは安静が必要になりますが、その後は少しずつリハビリを行い足を使ってもらうことで、筋肉の衰えを予防します。

整復前の症例
整復後の症例
診療案内
  • トリミング案内
  • 求人案内
  • 診療予約
アクセス
【住所】

〒514-0003
三重県津市桜橋3丁目427

【電話番号】

059-228-3555

【診療時間】

木曜日は9時~12時まで、代診のみの診察です(木曜日が祝日の時は休診です)。

【休診日】
祝日
【対象動物】
犬、猫、ウサギ、ハムスター

診察券は必ずお持ちください。

当院ではウェブ予約・待ち順番の確認ができます。

電話相談専門窓口
Anicli24と提携はじめました。

Anicli24

map