What’s new Lila

桜ほうさら

2019.11.01
            
愛らしい表紙の宮部みゆきさんの小説は私のお気に入り。もう何度読んだかわからないほど読み返している一冊です。
読んで感動して、心がさらっと洗われて、時間が経つとまた内容を忘れていて、また読み返して心の洗濯。

「ささら ほうさら」
甲州では、あれこれいろんなことがあって大変だ、大騒ぎだっていうようなとき、言うんだよ
主人公に語りかけられたこの言葉。出だしのあたりに使われて、これがタイトルの桜ほうさらに掛かるんだよね?と思うけれど、まだわかりません。(読んだはずなのに)

宮部さんの時代小説は言葉の美しさもまた魅力の一つ。
こんな風情ある言葉を使えるなら、この時代に生まれてみたい気もするなぁ。
そう思いながら読み進みます。
こんな面白い言葉がありました。

長堀金五郎は、詫びながら握り飯に食らいつく。口の端に飯粒がくっついている。
馬手(めて)に握り飯、弓手(ゆんで)には白湯の入った茶碗をつかみ・・・
めてとは右手、ゆんでとは左手。
つまり当時は、右手で馬の手綱を引いて、左手で弓を構えたのでしょう。

私は、右手にお箸、左手にお茶碗なので、馬手にお箸、左手にお茶碗。
だけど、ナイフとフォークは逆なので、馬手にフォーク、弓手にナイフ?
ああややこしい。

ともあれ、何度読んでもさらりと忘れたら、こんなお得はありません。
心温まり、時に涙し、そして心洗われる「桜ほうさら」
お薦めです。
診療案内
  • トリミング案内
  • 求人案内
  • 診療予約
アクセス
【住所】

〒514-0003
三重県津市桜橋3丁目427

【電話番号】

059-228-3555

【診療時間】
【休診日】
木曜・祝日
【対象動物】
犬、猫、ウサギ、ハムスター

診察券は必ずお持ちください。

当院ではウェブ予約・待ち順番の確認ができます。

電話相談専門窓口
Anicli24と提携はじめました。

Anicli24

map